さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年06月24日

『西郷どん』、若干減速か?(第13~16回)

観音寺城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第13~16回の感想です。

まずはあらすじ。

安政大地震により輿入れが延期となった篤姫(北川景子)であったが、西郷吉之助(鈴木亮平)の尽力により一年で嫁入り道具をそろえることができ、徳川家定(又吉直樹)の御台所となることができた。吉之助を含めた島津斉彬(渡辺謙)一行は薩摩に凱旋帰国し、吉之助は家族や仲間たちに迎えられる。親友大久保正助(瑛太)が妻を迎えることとなり、喜びに沸く吉之助たちだったが、吉之助は、老中阿部正弘(藤木直人)の死により、一橋慶喜(松田翔太)の将軍就任が絶望的となったという知らせを聞き、江戸に向かう。

正助と別れた吉之助は江戸に向かい、斉彬の命により松平慶永(津田寛治)や橋本左内(風間俊介)と協力し、慶喜の将軍就任を画策する。一方で斉彬は建白書を幕府に提出し、慶喜の将軍就任を訴えるが、そのことで将軍家定の母本寿院(泉ピン子)は激怒。しかし、家定は篤姫の説得に応じ、慶喜の将軍就任を決定する。当の慶喜本人は将軍に就任することを固辞していたが、暴漢に襲われて井伊直弼(佐野史郎)と会ったことで覚悟が決まり、将軍就任を受け入れる。

次期将軍は慶喜という流れになり、勝利したかに見えた斉彬ら一橋派であったが、将軍家定の突然の死により直弼が大老に就任し、将軍には紀州藩主徳川慶福(荒木飛羽)が就任した。それにより斉彬と吉之助は絶望の淵に立たされるが、正助の一言で吉之助は奮起し、斉彬に挙兵して京に向かい、天子様を動かすという献策をした。その下準備のため先に京に向かった吉之助だが、その間に斉彬は急死してしまう。

京にて近衛忠煕(国広富之)、月照(尾上菊之助)らとともに斉彬の出兵準備を進める吉之助だったが、斉彬の訃報に接し、切腹を決意する。一方、挙兵の密勅が下ったという情報をつかんだ直弼は、旧一橋派への大弾圧を始めた。後にいう、 安政の大獄である。吉之助の自決を止めた月照だが、直弼により追っ手がかかっていることを察し、今度は吉之助の説得により薩摩へ逃れることとなった。しかし、吉之助らを逃がした左内は幕府によって捕縛されてしまう。

というわけで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ