さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年06月08日

『西郷どん』、恋愛ごっこは地震が治まってからやれ!(第11~12回)

観音寺城


皆さんこんばんは。
今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第11~12回の感想です。

今まではドラマ5回分の内容を一度に書くのがしんどかったこのシリーズですが、近頃、ついにブログを書く頻度がドラマを見るのに追いついてしまったため、今回は2回分の感想となります。

まずはあらすじ。

庭方として篤姫(北川景子)とともに島津斉彬(渡辺謙)の息子虎寿丸(藤本悠希)と戯れる西郷吉之助(鈴木亮平)。元気そうに見えた虎寿丸だが、直後に気を失い、帰らぬ人となってしまう。斉彬は息子が死んだにも拘わらず、日本国のため、といって無理な仕事を続けていた。水戸斉昭(伊武雅刀)、松平慶永(津田寛治)、一橋慶喜(松田翔太)らと会合する斉彬だったが、ついに病に倒れてしまう。毒飼いを疑った吉之助は、橋本左内(風間俊介)の協力により斉彬に出された魚にヒ素が混じっていることを突き止める。

斉彬は回復したが、井伊直弼(佐野史郎)に篤姫の徳川家定(又吉直樹)への輿入れを妨害されてしまう。斉彬は輿入れを実現するために篤姫の教育係である幾島(南野陽子)と吉之助に根回しを依頼する。それによって篤姫の輿入れは正式に決定するが、江戸を大地震が襲った。のちに安政大地震と呼ばれる地震であった。

というわけで、
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ