さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年04月17日

『おんな城主直虎』、最後の2回でまたやられた(第46~50回)




皆さんこんばんは。
今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズということで、第46~50回までの感想を書きます。
ついにラストですね。
一昨年の『真田丸』に比べたら随分早く終うことができました 笑

まずはあらすじ。
織田信長(市川海老蔵)に武田との内通を疑われる徳川(松平)信康(平埜生成)。生母瀬名(菜々緒)は信康の命を救おうと、自分ひとりで罪を背負っての逃避行を始める。武田との内通の罪を一手に背負って自刃した瀬名の思いもむなしく、信長の圧力に屈した家康(阿部サダヲ)は信康を切腹させてしまう。

信康事件で二つにわれかけた徳川家だが、井伊万千代(菅田将暉)の助言により、家康が腹を割って岡崎衆に語りかけたことで和解。一丸となって武田方の篭る遠江高天神城を攻めることに。兵糧攻めを行い、和議を受け入れることにより敵味方ともに最小限の損害で城を手に入れる算段が、織田のてこ入れで和議は不可能になり、結局城兵たちを殺す羽目に陥ってしまった。

武田勝頼(奥野瑛太)を滅ぼした帰途、徳川領を通って帰ると言い出した信長のために饗応の限りを尽くす家康。満足して徳川領を通過する信長を尻目に、今川氏真(尾上松也)は明智光秀(光石研)から伝えられた信長暗殺の計画を家康に告げる。

光秀・氏真の策に乗ることにした家康一行。しかし当初の計画が狂って、家康らを残して中国攻めへ参加することになった光秀。混乱する徳川勢だったが、信長の招きにしたがって堺に向かうも、光秀の謀反と信長の訃報を知らされる。

光秀の謀反は結局羽柴秀吉の勝利によって終わりを告げ、家康は万千代らを連れ甲斐に進出する。井伊谷では光秀の遺児となった自然(田中レイ)の処遇が問題となるが、おとわは自然を守る決意をし、自然を捕らえにきた万千代や織田方使者を退ける。その後おとわ(柴崎コウ)は体調を崩し、子供時代の井伊直親(藤本哉汰)、小野政次(小林颯)、龍雲丸(能浦航汰)に迎えられて天に召される。それを聞いた万千代は悲しみながらも徳川と北条の同盟を実現し、ついに元服して兵部少輔(ひょうぶのしょう)直政と名乗ることを許された。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ

2018年04月13日

世の中は「巧遅」よりも「拙速」であるほうが結果が出やすいのに、「巧遅」の方が高級だと思っている人が多い気がする


松阪城


皆さんこんばんは。
今回は記事「海外で長期間暮らした人が驚いた久しぶりの日本→『完璧じゃないことをみんなで批判しみんなで罰する社会』」を読んで思ったことを書きます。

記事概要としては題名にすべて表れていて、あとはさまざまな人がコメントで「完璧を追求しすぎる社会」について論じているわけですが、僕自身も日本人は完璧を求めすぎている、と思います。

そもそもが、学校教育にそれが表れているわけですよ。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)ネット

2018年04月09日

各合戦の動員人数について(6)第二次国府台の合戦

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は「各合戦の動員人数について」シリーズの6回目で「第二次国府台の合戦」についてです。
『歴史と旅』増刊「日本合戦総覧(昭和63年1/10臨時増刊、秋田書店)」の長谷圭剛氏の記事を参考にしています。

今までの記事
第1弾 江古田原沼袋合戦
第2弾 権現山の戦い
第3弾 新井城の戦い
第4弾 第一次国府台の合戦
第5弾 川越城の合戦

「第二次国府台の合戦」はどんな戦いかというと…
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)趣味

2018年04月05日

洗濯機を買った(HITACHI VW-B70A)

HITACHI VW-B70A


皆さんこんばんは。
今回も題名のとおり「洗濯機を買った」話です。

購入にいたるまでの経緯としては「洗濯機を分解した(TOSHIBA AW-70GM)」、「洗濯機を分解した(2)(TOSHIBA AW-70GM)」で書いたとおり、以前買った東芝の洗濯機がわずか3年で壊れたのに失望し、直してはみたものの結局3回に1回くらいは排水異常が起きたため、買い換えることにしました。

去年の夏の話です。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)買い物・もらい物

2018年04月01日

『おんな城主直虎』、終盤でやっと面白くなってきた(第41~45回)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズということで、第41~45回までの感想を書きます。
今日はエイプリル・フールですが、興味がないので無視します 笑

まずはあらすじ。

草履番として徳川家中で働く井伊万千代(菅田将暉)と小野万福(井之脇海)だったが、後輩を育てることを条件に小姓への取立ての約束を取り付ける。かくしてやってきた後輩は中年のノブ(六角精児)という男であり、育てにくさに怒りを爆発させる万千代だったが、ノブは実は以前徳川家中にいた本多正信であると判明。正信の知恵により武田勝頼(奥野瑛太)の侵攻に備え、井伊谷の材木を提供する案を徳川家康(阿部サダヲ)に話す万千代だったが、おとわ(柴崎コウ)の分別により、その手柄は近藤康用(橋本じゅん)のものとなってしまう。

長篠の戦いで留守居を命じられた万千代・万福は酒井小五郎(タモト清嵐)の嫌がらせにより武器庫の番を命じられるが、見事に武具を磨きあげ、凱旋後の家康に賞賛される。長篠の戦場では織田・徳川連合軍が見事に勝利し、手際よく柵を作った手柄で元井伊家臣の中野直之(矢本悠馬)と奥山六左衛門(田中美央)が織田信長(市川海老蔵)から茶碗を賜る。万千代は他の小姓からの妨害工作をなんとか打開しようと画策していた。

武具の手入れの手柄で小姓に上がった万千代。他の小姓の妨害も潜り抜け、岡崎城への遣いをすることになる。一方井伊谷では、長篠の戦いで使った材木の伐採による出水が発生し、おとわの知恵により、信長より拝領した茶碗を売って新しく木を植えることになった。

万千代が小姓として務め始めてしばらく経ったころ、ついに万千代と万福は初陣を許され、駿河田中城攻めの陣へと随行することを許された。しかし特に何もすることがなく自身の今後を危惧する万千代であったが、武田の間者から家康を守り、捕縛するという功を立て、1万石の領知をもらうこととなる。一方井伊谷ではおとわの母祐椿が最期のときを迎えようとしていた。祐椿の計らいで対話することになったおとわと万千代。しかし、二人の考えには大きな隔たりがあった。

家康を襲った間者が嫡子信康(平埜生成)の家臣であることが判明し、罰せられる岡崎衆。一方で家康の元には三男長丸が誕生し、嫉妬と焦りに駆られた瀬名(菜々緒)は信康に側室をもつことを勧める。しかし、その話が信康の正室五徳姫を通して信長の耳に入り、信康を死罪にせよという命令が下ってしまう。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ