さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年04月17日

『おんな城主直虎』、最後の2回でまたやられた(第46~50回)




皆さんこんばんは。
今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズということで、第46~50回までの感想を書きます。
ついにラストですね。
一昨年の『真田丸』に比べたら随分早く終うことができました 笑

まずはあらすじ。
織田信長(市川海老蔵)に武田との内通を疑われる徳川(松平)信康(平埜生成)。生母瀬名(菜々緒)は信康の命を救おうと、自分ひとりで罪を背負っての逃避行を始める。武田との内通の罪を一手に背負って自刃した瀬名の思いもむなしく、信長の圧力に屈した家康(阿部サダヲ)は信康を切腹させてしまう。

信康事件で二つにわれかけた徳川家だが、井伊万千代(菅田将暉)の助言により、家康が腹を割って岡崎衆に語りかけたことで和解。一丸となって武田方の篭る遠江高天神城を攻めることに。兵糧攻めを行い、和議を受け入れることにより敵味方ともに最小限の損害で城を手に入れる算段が、織田のてこ入れで和議は不可能になり、結局城兵たちを殺す羽目に陥ってしまった。

武田勝頼(奥野瑛太)を滅ぼした帰途、徳川領を通って帰ると言い出した信長のために饗応の限りを尽くす家康。満足して徳川領を通過する信長を尻目に、今川氏真(尾上松也)は明智光秀(光石研)から伝えられた信長暗殺の計画を家康に告げる。

光秀・氏真の策に乗ることにした家康一行。しかし当初の計画が狂って、家康らを残して中国攻めへ参加することになった光秀。混乱する徳川勢だったが、信長の招きにしたがって堺に向かうも、光秀の謀反と信長の訃報を知らされる。

光秀の謀反は結局羽柴秀吉の勝利によって終わりを告げ、家康は万千代らを連れ甲斐に進出する。井伊谷では光秀の遺児となった自然(田中レイ)の処遇が問題となるが、おとわは自然を守る決意をし、自然を捕らえにきた万千代や織田方使者を退ける。その後おとわ(柴崎コウ)は体調を崩し、子供時代の井伊直親(藤本哉汰)、小野政次(小林颯)、龍雲丸(能浦航汰)に迎えられて天に召される。それを聞いた万千代は悲しみながらも徳川と北条の同盟を実現し、ついに元服して兵部少輔(ひょうぶのしょう)直政と名乗ることを許された。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ