さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年04月01日

『おんな城主直虎』、終盤でやっと面白くなってきた(第41~45回)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズということで、第41~45回までの感想を書きます。
今日はエイプリル・フールですが、興味がないので無視します 笑

まずはあらすじ。

草履番として徳川家中で働く井伊万千代(菅田将暉)と小野万福(井之脇海)だったが、後輩を育てることを条件に小姓への取立ての約束を取り付ける。かくしてやってきた後輩は中年のノブ(六角精児)という男であり、育てにくさに怒りを爆発させる万千代だったが、ノブは実は以前徳川家中にいた本多正信であると判明。正信の知恵により武田勝頼(奥野瑛太)の侵攻に備え、井伊谷の材木を提供する案を徳川家康(阿部サダヲ)に話す万千代だったが、おとわ(柴崎コウ)の分別により、その手柄は近藤康用(橋本じゅん)のものとなってしまう。

長篠の戦いで留守居を命じられた万千代・万福は酒井小五郎(タモト清嵐)の嫌がらせにより武器庫の番を命じられるが、見事に武具を磨きあげ、凱旋後の家康に賞賛される。長篠の戦場では織田・徳川連合軍が見事に勝利し、手際よく柵を作った手柄で元井伊家臣の中野直之(矢本悠馬)と奥山六左衛門(田中美央)が織田信長(市川海老蔵)から茶碗を賜る。万千代は他の小姓からの妨害工作をなんとか打開しようと画策していた。

武具の手入れの手柄で小姓に上がった万千代。他の小姓の妨害も潜り抜け、岡崎城への遣いをすることになる。一方井伊谷では、長篠の戦いで使った材木の伐採による出水が発生し、おとわの知恵により、信長より拝領した茶碗を売って新しく木を植えることになった。

万千代が小姓として務め始めてしばらく経ったころ、ついに万千代と万福は初陣を許され、駿河田中城攻めの陣へと随行することを許された。しかし特に何もすることがなく自身の今後を危惧する万千代であったが、武田の間者から家康を守り、捕縛するという功を立て、1万石の領知をもらうこととなる。一方井伊谷ではおとわの母祐椿が最期のときを迎えようとしていた。祐椿の計らいで対話することになったおとわと万千代。しかし、二人の考えには大きな隔たりがあった。

家康を襲った間者が嫡子信康(平埜生成)の家臣であることが判明し、罰せられる岡崎衆。一方で家康の元には三男長丸が誕生し、嫉妬と焦りに駆られた瀬名(菜々緒)は信康に側室をもつことを勧める。しかし、その話が信康の正室五徳姫を通して信長の耳に入り、信康を死罪にせよという命令が下ってしまう。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ