さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年03月12日

『おんな城主直虎』、また面白くないのを我慢してみる破目になった(第36~40回)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズということで、第36~40回までの感想を書きます。

まずはあらすじ。

今川氏真(尾上松也)と徳川家康(阿部サダヲ)が和睦したことで小康を迎えた遠江。近藤康用(橋本じゅん)を看病することで信頼を得た井伊直虎(柴崎コウ)は、井伊の家臣たちを受け入れてもいいという康用の言葉に感動する。一方で、松下常慶(和田正人)により、虎松(寺田心)を松下清景(古舘寛治)の養子に迎え入れたいという話が持ち上がる。直虎は、南渓和尚(小林薫)の助言もあって、結局井伊家再興をあきらめ、家臣の大半は近藤家に仕えることとなり、虎松は松下家に養子に入ることになった。

ようやく平和を手にしたかに見えた井伊谷だが、北条氏康が死に、北条家と同盟を結んだ武田信玄(松平健)が遠江に侵攻してきたことでその平和は破られた。龍雲丸と堺に行くことをとどまったおとわは井伊谷の百姓を逃がし、南渓和尚は近藤康用に武田に降伏することを勧めるが康用は拒否。井伊谷城に火を放って落ち延びた。

三方ヶ原の戦いが終わり、武田家に支配されたかに見えた井伊谷。しかし、突如信玄が死んだことで武田軍は撤退し、井伊谷は再び徳川家の支配下に戻る。井伊谷に人的犠牲をほぼ出さずに戦を乗り切ったおとわ(直虎)。堺に向かおうとする龍雲丸。結局、龍雲丸はおとわを置いて堺へ行き、おとわは井伊谷に残ることとなった。

時が経ち、井伊直親(三浦春馬)の十三回忌に集まる一同。そこにはしの(貫地谷しほり)やなつ(山口紗弥加)、奥山六左衛門(田中美央)のほかに、成長した松下虎松(菅田将暉)、奥山亥之助(井之脇海)の姿があった。井伊家再興の夢を捨てきれない虎松は、松下家からの推薦を利用して、井伊虎松として徳川家康の小姓となるよう画策する。しかし、井伊に復姓することには成功したものの、小姓ではなく草履番として仕えることになった。

草履番として懸命に働く万千代と小野万福(=奥山亥之助、井之脇海)。松下家では万千代が井伊に復姓したことで大騒ぎとなり、おとわに万千代を説得するように依頼する。万千代を説得するために浜松を訪れたおとわは、万福と徳川家康の話を聞くことで、万千代の成長を見守ることとし、常慶を説得した。かくして、井伊万千代の破格の出世劇が始まった。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ