さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年12月30日

『おんな城主直虎』、龍雲丸がいらない(第21~25回)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は、人気が低迷しているらしいNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の第21~25回についての感想です。

まずはあらすじ

井伊谷の地で収穫した綿布の販売のために浜名湖畔の気賀の街を訪れた直虎(柴崎コウ)一行。雑多な街の中で直虎は売上げ金をすられ、それを追いかけると逆につかまってしまう。何とか危機を脱したが、直虎を捕まえた賊はかつて木材を盗んだ「謎の男」で、名を龍雲丸(柳楽優弥)といった。直虎は龍雲丸に、井伊谷の木材の刈り取りと運搬を頼むことで、一挙両得を狙う。

龍雲丸率いる盗賊団に井伊谷の木材に切り出しを頼んだ直虎。しかし、平気なのは頼んだ張本人の直虎だけで、井伊領民も家臣団もならず者が入ってきたことで抵抗感を示す。そんな中、直虎は酒宴を開くことで和解への道をつけ、見事成功を収める。

そんな中、隣を領する近藤康用(橋本じゅん)から菩提寺の本尊が盗まれたので、犯人と思しき盗賊団を引き渡すようにとの訴えが来るが、直虎は南渓和尚(小林薫)と小野政次(高橋一生)の知恵でその危機を乗り切ることに成功する。一方で、直虎は材木切り出しの仕事の期限が切れた龍雲丸ら一党を召抱えることを提案するが、龍雲丸はよくわからない理由で断り、消えていった。

その頃今川家では、北方の武田家からの同盟解除に対しての制裁として塩の輸出を止める「塩止め」を行っていたが、商人たちの密貿易によってあまりうまくいっていなかった。同時に婚姻政策によって足元を固めようと、新野家の三女を重臣の庵原家に嫁がせようという話が持ち上がった。一方で、今川家との同盟を拒否した松平元康(阿部サダヲ)は織田信長(市川海老蔵)との同盟を進めていた。

井伊家は着々と材木の商いを進めており、ついに販売することに成功するが、その材木が今川家と敵対関係となっていた松平家に流れていたことが氏真(尾上松也)の耳に入り、氏真は糾弾の使者として関口氏経(矢島健一)を遣わす。結局直虎が駿府へ申し開きに行くが、その間龍雲丸率いる龍雲党が材木の奪取に成功する。

という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ