さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年11月12日

『おんな城主直虎』、しのと虎松と直之がひどい(第11~15回)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回は、人気が低迷しているらしいNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の第11~15回についての感想です。

まずはあらすじ

今川義元(春風亭昇太)亡き後、三河を勢力下に治めつつあった松平元康(阿部サダヲ)の元から井伊家へ使者があった。落ちぶれゆく今川家に比べて勢いのある松平家に近づいておきたい井伊直親(三浦春馬)、次郎法師(柴崎コウ)は小野政次(高橋一生)に相談し、直親は松平元康に会うこととなった。しかし、それは今川家の放った偽元康(星田英利)であり、謀反の嫌疑をかけられた直親は弁明のため駿府へと向かう。

駿府への道中で直親は暗殺され、遠江国内で松平方へ呼応した飯尾連竜を討つために出陣した井伊直平(前田吟)、中野直由(筧利夫)、新野左馬助(苅谷俊介)らも討死にしてしまう。井伊谷にまともに政治を執れる人間がいなくなってしまったために、南渓和尚(小林薫)は次郎法師を還俗させて「直虎」と名乗らせ、直親の遺児虎松(鈴木楽)の後見とすることになる。

当主代行となった直虎はまず井伊家の財政の建て直しに苦戦する。そこで、商人である瀬戸方久を家臣とすることになるが、直由の息子、直之(矢本悠馬)が反発する。

直虎は領内の瀬戸村、祝田村の借金を解消するために徳政令を発布しようとするができず、それに反発した村民たちは今川家に直接徳政令を出すように訴え、今川家から直虎の元に徳政令を出すように命令が来た。しかし、このまま今川家の命令を受け入れては瀬戸、祝田の二村は今川家領のようになってしまうため、直虎は両村を龍潭寺に寄進。同時に家臣や村民たちに事情を説明する。

徳政令の顛末について説明せよという今川家からの命令に従わざるを得ない井伊家だが、先に直満(宇梶剛士)・直平や直親が暗殺された経緯があるため、使者に身をやつして駿府に到着。今川家の実権を握っていた今川氏真(尾上松也)の祖母寿桂尼(浅丘ルリ子)を説得し、なんとか事なきを得る。

という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 19:00Comments(0)テレビ