さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年10月15日

記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について(13)

松阪城


皆さんこんばんは。
今回はまた『哲学ニュース』の記事「大航海時代に日本が侵略されなかった理由wwwww」について検証してみようということで、第1弾第2弾第3弾第4弾第5弾第6弾第7弾第8弾第9弾第10弾第11弾第12弾に続いての第13弾です。

第1回はヨーロッパと日本の距離について、第2回は当時日本から産出された資源について、第3回は当時の日本にはヨーロッパ人にとって価値のある産業がなかったのかについてを考えました。
続く第4回、第5回では日本とヨーロッパの戦略差について、第6回以降では16世紀の日本の統治システムについて、まず1501年時点での群雄割拠について検討しました。
第7回ではザビエル来航の1549年時点での統一状態について、第8回では本能寺の変直前の状態について、第9回では豊臣秀吉の天下統一時の様子とこれまでの統一状態の総括をしました。
第10回では実際の統治システムということで「貫高制」について、第11回では「寄親寄子制」への導入ということで、室町時代までの武士の主従関係について述べ、第12回では実際に「寄親寄子制」について調べました。

第13弾は…
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)趣味

2017年10月11日

靴を買った(LASSU&FRISS)

LASSU & FRISS


皆さんこんばんは。
今回は『LASSU&FRISS』というブランドの「BRONZE LABEL」という革靴についてです。

革靴については以前「靴を買った」や「歩き回る人のための革靴」で言及しましたが、「靴を買った」の記事の靴はもうすでにぼろぼろで捨ててしまっていて、現役で使っているのは「歩き回る人のための革靴」の靴一足のみで、それだけだと不安なのでもう一足買ったのがこの『LASSU&FRISS』です。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)買い物・もらい物

2017年10月07日

『おんな城主直虎』、子ども時代はセオリー通り(第1~5回)

伊雑の宮


皆さんこんばんは。
今回は、ついに今年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想に入ります!

去年の大河ドラマ『真田丸』の感想は最終的に1回1回書くようになったので非常に時間がかかってしまいましたが、今回は『真田丸』の当初のように5回分まとめて書きますので、それほど時間はかからないと思います。

あらすじ
戦国時代、遠江の井伊谷の領主井伊氏は今川家からの圧迫に耐えながら辛くも独立を維持していた。そんな中、当主井伊直盛(杉本哲太)の大叔父直満(宇梶剛士)と直義は井伊家家老小野政直(吹越満)の讒言により、今川家に処刑されてしまう。その荒波の中、直盛の娘おとわ(新井美羽)は幼馴染の小野政直の嫡男鶴丸(小林楓)、井伊直満の嫡男亀之丞(藤本哉太)と無邪気な幼少時代を過ごしていた。

しかし、謀反人として処刑された直満の嫡子である亀之丞へも処刑の命令が下り、直盛は今村正実(芹沢興人)に命じて亀之丞をかくまうことにし、おとわは政直の子鶴丸との婚姻を命じられるが、出家することでそれを避けることになる。

おとわの出家騒動が今川家の耳に入り、それを防ぐために義元(春風亭昇太)はおとわに人質になるように命じるが、義元の嫡子氏真(尾上松也)との蹴鞠の勝負で辛くもそれを免れる。

その後、直満の所領を小野政直に譲るように今川家から通達があり、井伊家の中でますます政直に対する反発が強まっていく。

そして9年の歳月が経ち、おとわは次郎法師(柴崎コウ)として成長し、鶴丸は小野政次(高橋一生)として元服し、父の政直は病に倒れる。政次の死によって暗殺の危険が薄まった亀之丞も元服し、井伊直親(三浦春馬)として井伊谷に帰郷した…

という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ

2017年10月03日

記事『「人を怒らせたら協力しなくなります」 …』について

伊勢湾


皆さんこんばんは。
今回はBuzz Feedの記事「『人を怒らせたら協力しなくなります』 部下がいる人なら知っておきたい、経済学のこと」 についてです。

記事の内容を簡単に言うと、
人を怒らせると協力が望めなくなるし自分が不機嫌な状態だと周りの人が話しかけづらくなったりして生産性が下がる、ということと、競争をしないと逆に助け合いに否定的になる、
ということです。

実は僕自身は元来かなり気が短く、子どもの頃はすぐに激してしまうので非常に苦労しました。

怒りたくて怒っているときもたまにありますが、大抵は怒りたくないのに感情を抑え切れなくて怒ってしまうんですね。

  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)ネット