さぽろぐ

  映画・TV・音楽  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年07月15日

『真田丸』、解釈の違いって面白い(第46回)



皆さんこんばんは。
今回は惰性で続けている去年の大河ドラマ『真田丸』の感想シリーズ、第46回「砲弾」についてです。

あらすじとしては、
真田丸を攻めあぐねてじれる徳川方だが、いたずらに攻めるのをやめ、鬨の声を上げ続けて心理戦に持ち込もうとする。一方、真田丸での勝ちに乗じた豊臣方はここで和議に持ち込もうとするが、真田幸村(堺雅人)が待ったをかける。しかし、織田有楽斎(井上順)や大蔵卿(峯村リエ)の局などに押し切られる形で豊臣秀頼(中川大志)は和議との決定を下す。そこで淀殿(竹内結子)の説得によって和議の決定を覆そうとする幸村だったが、徳川方から天守閣へと一発の砲弾が打ち込まれ、それにおびえた豊臣方の大勢は一気に和議へと流れだす…
という感じです。
  続きを読む


Posted by Sosuke Washiya at 20:00Comments(0)テレビ